MENU
  1. 相鉄不動産
  2. 企業情報
  3. 会社沿革

会社沿革history

  • 1917
    (大正6年)

    相模鉄道株式会社設立

相模鉄道
不動産分譲部門

  • 1948
    (昭和23年)

    住宅地開発事業に着手。初の新築分譲一戸建て住宅「希望が丘住宅地」を分譲

  • 1967
    (昭和42年)

    初の土地区画整理事業を「瀬谷・深見住宅地」にて代行

  • 1968
    (昭和43年)

    栃木県那須町で別荘地「相鉄の那須」の開発を開始

  • 1973
    (昭和48年)

    初の新築分譲マンション「相鉄コープ南瀬谷」を分譲

  • 1990
    (平成2年)

    「緑園都市四季の径(緑園都市住宅地内)」横浜まちなみ景観賞受賞

  • 1993
    (平成5年)

    オリジナル新築分譲マンションブランド「グレーシア」第1号物件「グレーシア梶ヶ谷」を分譲

  • 2004
    (平成16年)

    「横浜市緑園都市住宅地区」都市景観大賞・美しいまちなみ優秀賞受賞

相鉄不動産

  • 2005
    (平成17年)

    相模鉄道株式会社から会社分割により不動産分譲部門を譲受

  • 2005
    (平成17年)

    グレーシアブランシェ横浜山手」グッドデザイン賞受賞

  • 2006
    (平成18年)

    初の高齢者施設賃貸事業を「ライフコミューン希望ケ丘」にて開始

  • 2008
    (平成20年)

    グレーシア緑園都市ガーデンプレミア」グッドデザイン賞受賞

  • 2010
    (平成22年)

    相鉄アーバンクリエイツ株式会社に面的開発事業を承継。レジデンシャル事業に特化した相鉄不動産となる

  • 2013
    (平成25年)

    オリジナル開発型賃貸マンションブランド「KNOCKS」第1号物件「KNOCKS南万騎が原」を開発

  • 2014
    (平成26年)

    「いずみ野線南万騎が原駅周辺区域」国土交通省・住宅団地型既存住宅等推進モデル事業に採択される

  • 2014
    (平成26年)

    相鉄不動産販売株式会社より一戸建て分譲事業を譲受。相鉄グループ内の新築分譲事業はすべて相鉄不動産株式会社に集約される

  • 2015
    (平成27年)

    「南万騎が原駅周辺リノベーションプロジェクト」国土交通省・スマートウェルネス住宅推進モデル事業に採択される

  • 2015
    (平成27年)

    オリジナル新築分譲一戸建てブランド「グレーシアライフ」第1号物件「グレーシアライフ二俣川」を分譲

  • 2016
    (平成28年)

    「みなまきみんなの木プロジェクト」ウッドデザイン賞受賞

  • 2017
    (平成29年)

    「南万騎が原駅周辺リノベーションプロジェクト」よこはま多世代・地域交流型住宅認定制度第1号に認定される