MENU
  1. 相鉄不動産
  2. 企業情報トップ
  3. 開発実績
  4. 住宅地・一戸建て開発実績
  5. いずみ野住宅地

住宅地・一戸建て開発実績since 1948

いずみ野住宅地

いずみ野住宅地は横浜市泉区の北部に位置し、相鉄いずみ野線沿線での最初の街づくりとして、「ひなた山住宅地」「南まきが原住宅地」と同時に開発されました。
当時のいずみ野線の終点であるいずみ野駅を中心に、住宅だけでなく、ショッピングセンター、小・中学校、消防署、病院など、生活に必要な施設が整備され、暮らしやすい街が誕生しました。
地区全体の4.8%を占める公園や、幹線道路沿いに植えられた桜やマテバシイなど豊富な植栽が、緑の多い快適な住環境を実現しています。

所在地
横浜市泉区
開発面積
423,000 m2
総戸数
1,800戸
供給年
1972年-1976年
事業者
相模鉄道株式会社(土地区画整理事業による開発)