MENU
  1. 相鉄不動産
  2. 企業情報トップ
  3. 開発実績
  4. 住宅地・一戸建て開発実績
  5. 南まきが原住宅地

住宅地・一戸建て開発実績since 1948

南まきが原住宅地

南まきが原住宅地は、横浜市旭区の南部に位置し、旧武蔵国と相模国の国境上にあり、「万騎が原住宅地」に隣接しています。
いずみ野線の一つ目の駅である南万騎が原駅を中心に、急峻な地形をなだらかな丘に造成し、駅前に商業施設を、都市計画道路中田さちが丘線から駅へのアプローチ途中には、銀行など生活に必要な施設を誘致できるよう計画がたてられました。近接する都市公園(こども自然公園)など恵まれた緑の環境を活かした、個性豊かな街に育っています。

所在地
横浜市旭区・泉区
開発面積
318,000 m2
総戸数
1,000戸
供給年
1974年-1979年
事業者
相模鉄道株式会社(土地区画整理事業による開発)