沿革

相鉄不動産の沿革をご紹介いたします

1917年
(大正6年)

相模鉄道株式会社設立。
1948年
(昭和23年)

相模鉄道株式会社が住宅地開発事業に着手。
1966年
(昭和41年)

相模鉄道株式会社が土地区画整理事業を初代行。
1973年
(昭和48年)

相模鉄道株式会社が初の集合住宅を分譲。
1979年
(昭和54年)
相鉄不動産株式会社設立。
総合不動産会社として、不動産分譲、販売受託、仲介、賃貸管理、注文住宅事業等を実施。
2001年
(平成13年)
相鉄不動産株式会社から、分譲、販売受託、仲介、賃貸管理部門を相鉄不動産販売株式会社に、
注文住宅請負部門を相鉄ホーム株式会社にそれぞれ営業譲渡。
2005年
(平成17年)

相模鉄道株式会社から相鉄不動産株式会社に不動産分譲事業を分社。
2010年
(平成22年)

レジデンシャル事業に特化した相鉄不動産として事業スタート。
2014年
(平成26年)
相鉄不動産販売株式会社より戸建分譲事業を譲受。
これによりグループ内の分譲事業はすべて相鉄不動産株式会社に集約。
  • ホーム
  • GRACIA
  • GRACIA LIFE
  • KNOCKS
  • 物件情報
  • 不動産活用
  • 企業情報
    • 経営理念
    • 会社概要
    • 会社沿革
    • 事業内容
    • 事業所・施設
    • CSR
    • 相鉄グループのご紹介
    • 採用情報
  • 開発実績
  • お問い合わせ