MENU
  1. 相鉄不動産
  2. 住まいのブランド「GRACIA」
  3. GRACIAのクオリティ
  4. GRACIAの標準設計基準

GRACIAのクオリティGRACIAの標準設計基準quality

グレーシアマンションでは1,000項目を超える
標準設計基準を決めています。

グレーシアの品質を確保するため、品質管理センターが主体となり建築、構造、設備、外構にわたって1,000を超える標準設計基準を定めています。
定められた項目は、品質管理委員会において相鉄住宅サービスセンターや管理会社から寄せられる声をフィードバックし、常に改訂しています。
これにより目に見えるところはもちろん、見えない部分までしっかりチェックできる、グレーシアが誇る設計基準です。

全物件において「住宅性能評価」を取得しています

住宅性能評価とは、国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関が住宅の性能を公平な立場で評価するものです。耐震性や火災時の安全性など10の分野について、設計段階の「設計性能評価書」と施工中・竣工後に現場検査を行って評価をする「建設住宅性能評価書」の2種類があります。
申請は任意ですが、相鉄不動産では全物件において申請・取得をしています。建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅は、民間金融機関や公共団体の住宅ローンの優遇や、地震に対する強さの程度に応じた地震保険料の割引などがあります。

※評価項目、等級につきましては物件毎にご確認下さい。

「住宅性能評価書」では
次の10項目について評価しています。
  1. 構造の安定に関すること
  2. 火災時の安全に関すること
  3. 劣化の軽減に関すること
  4. 維持管理への配慮に関すること
  5. 温熱環境に関すること
  6. 空気環境に関すること
  7. 光・視環境に関すること
  8. 音環境に関すること
  9. 高齢者等への配慮に関すること
  10. 防犯に関すること

安心・信頼のマンションづくりを表現する
三重・四重のきめ細やかな品質管理システム

グレーシアマンションでは、より確かなクオリティ管理のために、
事業主、施工、設計・監理の三重のチェック+指定確認検査機関及び登録住宅機能評価機関の四重のチェックで、
安心できる永住品質を確保しています。