MENU
  1. 相鉄不動産
  2. 住まいのブランド「GRACIA」
  3. GRACIAのクオリティ

GRACIAのクオリティquality

「安全」「安心」「信頼」のためにグレーシアのクオリティは、人がつくり、人が守ります。

私たち相鉄不動産は、お客様に満足いただける快適なすまいをご提供するため、開発からアフターサービスまで
「安全」「安心」「信頼」を基本コンセプトに、クオリティにこだわり続けています。
グレーシアの基準を作り、クオリティを守る大切な部署をご紹介します。

グレーシアの基準を作る品質管理センター

「品質管理センター」は敷地の調査からはじまり設計、本体工事の着工から、竣工まで細部にわたり検査を行い、
「安全」を確保。「安心」「信頼」につなげます。

  • 図面チェック
    設計段階と工事着手前の2段階において図面(設計図書)と標準設計基準の1000項目を超える項目と照らし合わせ、安全で使いやすい住まいになっているかどうかをチェックしています。
  • 躯体検査
    柱、梁や床、壁など建物の構造を支える骨組・躯体が設計図書通りかどうか、配筋やコンクリートの打設状況などを検査します。
  • 竣工検査
    竣工した建物が設計図通りに仕上がっているか、また住まわれた時の使い勝手を想定して図面にも表われていない細かな部分も確認検査します。
  • 取扱い説明会
    入居開始前にご入居者様に適切なご案内ができるように相鉄住宅サービスセンターと管理会社に向けて建物の概略や設備機器の取り扱い方法の勉強会を行なっています。

グレーシアの基準を守る相鉄住宅サービスセンター

「相鉄住宅サービスセンター」は竣工後の定期修繕から日常のメンテナンス、随時修繕などのアフターサービスを行います。
入居後のお客様の声を聞くことのできる大切な部署です。

  • 定期修繕
    ご入居後原則2年間は住まいの気になる点や不具合に対して、アフターサービス規準に基づき、3~6ヶ月の間に1回目、12ヶ月目に2回目、24ヶ月目に3回目の定期修繕を各住戸に実施しています。
  • 日常のメンテナンス
    日常のメンテナンス、維持管理、お手入れのためのメンテナンスキット、取扱説明書をお渡ししております。
  • アンケート調査
    引渡し後3~6か月、1年、2年に行う定期修繕の時にアンケート調査を実施します。クレームを待つのではなく、積極的に聞きにいく姿勢は、お客様から信頼を集めています。
  • 随時修繕
    不具合事象発生時に、お客様のお申出に基づき対応します。

グレーシアクオリティのさらなる向上のために品質管理委員会

品質管理委員会は「品質管理センター」と「相鉄住宅サービスセンター」が主体となって開かれる会議です。
検査で課題となった箇所、アフターサービスで得られたお客様の声、また管理会社からの情報などをフィードバックし、
密に情報交換することで品質改善やサービスの向上、商品企画の新提案などを実現。
グレーシアクオリティのさらなる向上のために欠かせない大切な会議です。

品質管理委員会イメージ図

グレーシアの品質を確保するための
標準設計基準をご紹介します。