Image photo

※モデルルーム(2021年5月撮影)

EQUIPMENT 設備・仕様

住空間の隅々にまで、
細やかな優しさと安心を。

Security

あなたの暮らしと、レジデンスを守るクオリティ。

概念図
概念図

セキュリティ

エントランスの一次セキュリティでは、カラーモニターによって来訪者を確認。さらに各住戸の玄関前にも、来訪者を音声で確認するインターホンを設け、安全性を高めています。

概念図
概念図

24時間セキュリティシステム

オンライン監視による24時間セキュリティシステムを採用。マンション内の防災・防犯感知をセキュリティセンター(SECOM・相鉄企業)とオンライン接続し日常の安全を守ります。

参考写真
参考写真

防犯カメラ

共用部分の主要箇所は防犯カメラが不審者の侵入を監視。居住者の安全を見守ります。

aaa
概念図

ディンプルキー

防犯性と操作性に優れたディンプルキー。キーの刻みが複雑で、複製が難しく、高いセキュリティ機能を発揮します。

カラーモニター付インターホン

カラーモニター付インターホン

来訪者をTVモニター(カラー画面)で確認。不審者や悪質な訪問セールスから暮らしを守ります。(玄関は音声のみとなります)

ダブルロック

ダブルロック

各住戸の玄関錠は、ドアノブの上下2ヵ所で施錠するダブルロック。不正な解錠などがより困難になるため、住まいの防犯性能を高めてくれます。

防犯サムターン(玄関ドア)

防犯サムターン(玄関ドア)

外部から工具などを使って回そうとする「サムターン回し」に高い防犯性を誇る特殊な室内施錠用つまみ(防犯サムターン)を採用。

鎌デッドボルト錠

鎌デッドボルト錠

ストライク部にがっちりとかみ合う鎌デッドボルト。玄関ドアの無理なこじ開けを困難にします。

玄関防犯センサー

玄関防犯センサー

住戸内の窓と玄関ドアに設置、センサーのセット時に不審者の侵入を感知すると、警備会社へ自動通報します。

※全住戸の玄関、及び一部住戸の窓(FIX・面格子付は除く)

ドアスコープ

ドアスコープ

扉を開けることなく、外部を確認することが出来ます。また外部側からは取り外しが出来ない防犯仕様で、光漏れを防ぐ蓋も付いています。

Structure

信頼の品質、堅牢な基礎・構造。

拡底杭による基礎構造

拡底杭による基礎構造

「グレーシア横浜十日市場」は、地盤調査を綿密に行い、支持地盤の深さを確定。軸径約0.6m〜1.0m、先端部の直径約0.7m〜1.1mの基礎杭を、地表から深さ約19.5m以深の安定した支持層まで埋め込んでいます。住まいをしっかりと支え、堅牢な基礎構造を実現しています。

概念図
概念図

高い耐久性を保つコンクリート

コンクリートは基準強度を約27N/m㎡〜約51N/m㎡までの複数のコンクリートを場所に応じて使い分けています。1㎡あたり2,700t〜5,100tの圧縮に耐えられる強度であり、劣化が生じにくいコンクリートです。

※上記数値はコンクリートの圧縮強度であり、床に載せられる重さではありません。

コンクリート構成概念グラフ
コンクリート構成概念グラフ

水セメント比

コンクリート自体の強度を向上させるため、セメントに対する水分重量の比率(水セメント比)を50%以下としました。

※住宅性能評価に係る主たる建物の柱、梁、床、主要な壁の構造躯体に使用するコンクリート

概念図
概念図

コンクリートかぶり厚

鉄筋が錆びると膨張してコンクリートを破損し、耐久年数が著しく低下します。これを適正なかぶり厚さを確保することによって抑制しています。

概念図
概念図

構造体の強度を高めるダブル配筋

格子状に組んだ鉄筋をコンクリートの中に2列に組み立てるダブル配筋を採用。シングル配筋と比較して、高い強度と耐震性・耐久性を実現します。(コンクリート手摺他一部除く)

一次エネルギー消費量等級5

一次エネルギー消費量等級5

エネルギーの大きな削減のための対策(エネルギー使用の合理化に関する法律の規定による建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準に相当する程度)が講じられる等級5を取得。

住宅性能評価

住宅性能評価

国土交通大臣指定の評価機関による住宅性能評価。客観的なマンションの品質や性能が確認できます。

※「設計住宅性能評価書」設計段階の性能を評価したもの。※「建設住宅性能評価書」施工段階と完成段階の検査を経て性能を評価したもの。

Quality

グレーシアのクオリティは、人がつくり、人が守ります。

グレーシアの基準を作る品質企画センター

「品質企画センター」は敷地の調査からはじまり設計、本体工事の着工から、竣工まで細部にわたり検査を行い、「安全」を確保。「安心」「信頼」につなげます。

図面チェック

設計段階と工事着手前の2段階において図面(設計図書)と標準設計基準の1000項目を超える項目と照らし合わせ、安全で使いやすい住まいになっているかどうかをチェックしています。

image photo
image photo

躯体検査

柱、梁や床、壁など建物の構造を支える骨組・躯体が設計図書通りかどうか、配筋やコンクリートの打設状況などを検査します。

image photo
image photo

竣工検査

竣工した建物が設計図通りに仕上がっているか、また住まわれた時の使い勝手を想定して図面にも表われていない細かな部分も確認検査します。

image photo
image photo

取扱い説明会

入居開始前にご入居者様に適切なご案内ができるように相鉄住宅サービスセンターと管理会社に向けて建物の概略や設備機器の取り扱い方法の勉強会を行なっています。

image photo
image photo

グレーシアの基準を守る
相鉄住宅サービスセンター

「相鉄住宅サービスセンター」はご入居後に定期補修、随時補修などのアフターサービスを行います。
また、新生活サポートデスクやお手入れセミナーなど、お客様が安心してお住まいいただけるよう様々なサービスを行っています。
ご入居後のお客様の声を聴くことのできる大切な部署です。

定期補修

住まいの気になる点や不具合に対して、3~6ヶ月の間に1回目、12ヶ月目に2回目、24ヶ月目に3回目の定期補修を各住戸に実施しています。

image photo
image photo

アンケート調査

補修時にアンケート調査を実施します。お客様からの貴重なご意見がグレーシアの商品づくりに生かされています。

image photo
image photo

随時補修

アフターサービス基準に基づきご入居後、原則2年間不具合事象発生時に、お客様のお申出に対応します。

image photo
image photo

大切なお住まいをお引渡しから10年間、
無償でサポートします。
※一部有償がございます。

アフターサービス アフターサービス

玄関ドアや室内ドアなどの建具を点検・確認し、必要があれば調整・メンテナンスを実施します。
システムキッチンやユニットバスなどの住宅設備機器も状態について確認いたします。

image photo
image photo
image photo

image photo

※特殊な器具での調整や部品の交換などが発生する場合は、後日有償対応となります。
※1 駆けつけサービスは、管理会社である(株)相鉄リビングサポートが提供する「あんしんサポートプラン」にご加入いただいている物件のみのサービスとなります。
※2 2019年12月以降にお引き渡し予定の「グレーシア千代田秋葉原」以降の物件が対象となります(但し、グレーシアタワーズ海老名を除く)。