外観完成予想CG

外観完成予想CG

DESIGN 意匠デザイン

大規模な開発の最終章にふさわしい
シンボリックなファサード・デザイン。
緑景に映える
上質で美しいレジデンス。

行き交う人々を迎える、街のゲートのような存在感。

駅から歩いてきた方の視線を受けとめる、十日市場センター地区のゲートの役割を担う「HIRAKUCITY」。ここに住む方だけでなく、地域の人々にとっても、見ただけで安心できるような、堂々とした存在感をめざしました。風格ある上質な世界観で行き交う人々を迎えます。

外観完成予想CG
外観完成予想CG

寛ぎを深める上質さと、開放感を高める透明感の融合。

住まいとしてのデザイン性だけでなく、地域のランドマークとして地域景観を向上させるデザインを意識。豊富な植栽が織りなす寛ぎを深める落ち着きある景観と、ガラスを多用した透明感を融合させた、美しきデザインのレジデンスが誕生します。

外観完成予想CG
外観完成予想CG

地域のシンボルとなるデザインをめざして。

ヒルタウンであることの立地特性を最大限に引き出し、
様々な角度から視線が集まる「街のシンボル」となるよう、徹底的にデザインにこだわりました。

設計者インタビュー

株式会社東急設計コンサルタント
建築設計本部 第2設計室
芦沢 快

「HIRAKU CITY」の設計における5つの柱。それは、地域のシンボルとなる「ゲート」としてのデザイン、そして、地域の方々に開かれた「オープン」な場であること。3つ目は地域の交流拠点となる「コミュニティ」を育む場であること、さらに周辺エリアの里山環境と調和する「ネイチャー」的な視点。最後に、日々の発見「WOW!」という驚きと出会える場の創造です。このレジデンスに詰まっている多彩な要素を、ぜひ、探してみてください。

MATERIAL

このエリアの象徴的な場所である「新治の森」でカラーハントを行い、色を抽出し「HIRAKU CITY」のオリジナルカラーレシピを開発。陽光に照らされた木立の陰影をイメージしながら、明度のコントラストが生まれるようマテリアルを選定。ナチュラルなイメージとモダンなイメージが融合した美しきデザインに仕上げました。

マテリアル写真
マテリアル写真

ランドマークとして、地域を意識したデザイン。

敷地面積11,600m²超の広大な舞台に描くランドマークとして、地域景観との調和を考え、形や素材、色彩やスケール等について、きめ細やかに配慮。緑豊かな風景に映えるアースカラーをベースとした上質でエレガントなデザインを目指しました。

外観完成予想CG
外観完成予想CG