相鉄不動産

メニュー

SINCE1917
100年の時を重ねる
相鉄の街づくりへの想いをここに。

神奈川県央エリアで
供給実績13,000戸超。
相鉄不動産の想いを
今この地に込めた、
集大成プロジェクト
「グレーシアさがみ野マークス」。

1917年より、100年を超える時を刻んできた相鉄の街づくり。1948年に始まった希望ヶ丘の住宅地開発、1973年に開始されたマンション分譲事業など、これまで地域とともに、そして時代とともに、人々の求めるニーズを捉えた街づくりを実現してきました。そして21世紀の今もなお、相鉄の街・住まい・暮らしへの想いは、沿線を見つめさらなる進化を続けています。

  • えびな国分寺台住宅地

  • グレーシア海老名

  • グレーシアライフ早川城山

「グレーシアさがみ野マークス」
というネーミングに込めた想い。

相鉄のオリジナルマンションブランド「グレーシア」。相鉄線沿線を中心に、首都圏にまで数多くの住まいを供給し続けています。そして、今回の「グレーシアさがみ野マークス」は、これまでさがみ野エリアで4物件を手がけてきた実績を活かした記念碑的プロジェクト。この地の集大成を目指し、地域のご家族の声と希望から創り上げていく新たなプロジェクトです。

  • グレーシアさがみ野 (1996年竣工)

  • グレーシアさがみ野Ⅱ (1997年竣工)

  • グレーシア海老名さがみ野 (2015年竣工)

  • グレーシア海老名さがみ野Ⅱ (2017年竣工)

神奈川県内を中心に
首都圏各地で展開
住まいのブランド「GRACIA」

相鉄の住まいのブランド「グレーシア」。それは、住まいと「くらし方」にこだわり続け、相鉄グループの力を結集し創られています。
相鉄グループでは、1948年から住宅地・一戸建開発事業、マンション開発事業に取り組み、以来多くの住宅地を開発してまいりました。
時代とともに多様化するお客さまのライフスタイルと永住志向にお応えする「グレーシア」シリーズは、神奈川県内を中心に首都圏各地で開発・分譲しています。また、街全体の景観や充実した設備に配慮した分譲一戸建て住宅「グレーシアライフ」シリーズを、神奈川県内を中心に開発しています。住む人の視点で捉えた居住性の高さを備えた住宅を分譲しています。

  • グレーシアタワー三鷹

  • グレーシアタワーズ海老名

  • グレーシアタワー二俣川

  • グレーシア千代田秋葉原

  • グレーシアシティ川崎大師河原

  • グレーシアライフ横濱西谷

電鉄系不動産会社としての
信頼と実績
「相鉄不動産」

GRACIAとは、「上品」や「洗練」という意味の英語Graceに、「~の地」という意味を作るラテン語の接尾辞iaをあわせて[良い住まい]を表現した造語です。私たちのグレーシアにこめる思いを深いブルーとオレンジと、シンプルなカタチに託しました。

相鉄グループの事業

  • 運輸業

  • 流通業

  • 不動産業

  • ホテル業

  • 商業施設・ビル運営事業

2017年に創業100周年を迎えた相鉄グループは、運輸業、流通業、不動産業、ホテル業、その他の分野で事業活動を展開しています。2019年11月30日に開業したJR線・東急線との相互直通事業や、相鉄線沿線での再開発事業をグループ経営体制のもと推進しています。2018年には、二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業により、全100店舗の「ジョイナステラス二俣川」がオープンしました。

続きを読む

また、近年では、海外も含め国内外で100店舗を視野にホテル事業を積極的に展開し、首都圏や関西圏を中心に「相鉄フレッサイン」や「サンルート」、海外においても新たなホテルブランドを立ち上げて、アジアを中心に出店を進めています。
これまで築いた財産を新しい時代への礎に、次の100年の更なる飛躍に向けて、これまで以上に暮らしを見つめ皆様の暮らしを支える企業、それが相鉄グループです。

都心につながる相鉄グループ。
JR線、東急線とつながる、「都心直通プロジェクト」。

都心への直通運転に向けて、着々と工事が進められています。相鉄線は新たな2つのルートで都心に直結。一つ目は2019年11月30日に開業した相鉄線とJR線の直通ルート。横須賀線を経由し、湘南新宿ラインの経路で渋谷・新宿方面に向かいます。もう一つは相鉄線と東急東横線・目黒線の直通ルート。新たな線路で新横浜・日吉を経由して渋谷・目黒方面へ。相鉄線沿線は、ますます便利に!さらにスピーディーな路線に生まれ変わります。

「羽沢横浜国大」駅

沿線の街づくりや
住まいづくりなどを通して、
地域の発展に貢献してきた
「相鉄不動産」

グループ各社の強みを活かし、
商・住・職が一体となった開発を手がける相鉄不動産。

相鉄不動産は、グループ各社と協力し、商業施設や文化施設、生活利便施設、道路、公園などを総合的に捉えた街づくり事業を展開しています。それぞれの街の特性に合わせた駅前再開発から住宅地開発、マンションプロジェクトといった住環境整備を手がけ、魅力あるまちづくり、住まいづくりに貢献し、相鉄線沿線の発展に寄与してきました。

続きを読む

暮らしやすさを向上させ、選ばれる相鉄沿線を目指す。
「みなまきみらいプロジェクト」。

相鉄いずみ野線の開業に合わせ、戸建て住宅を中心に開発・整備された南万騎が原。開発から40年以上が経った今、相鉄グループは横浜市とともに、次代のまちづくりを計画。駅前にさまざまな居住形態の住宅を整備し、生活利便施設や子育て・高齢者サポート機能を導入するなど、あらゆる世代が安心して住まうことのできるまちづくりを進め、この取り組みが高い評価を受けています。

「安全」「安心」「信頼」
のためにグレーシアの
クオリティは、
人がつくり、人が守ります。

「グレーシア」ブランドでは「品質企画センター」によって、敷地の調査からはじまり設計、本体工事の着工から竣工まで、1,000項目を超える設計・検査の基準を細かく定め、ひとつひとつを厳しくチェックしています。竣工後は、「相鉄住宅サービスセンター」が定期修繕から日常のメンテナンス、随時修繕などのアフターサービスを行います。私たちは、命を預かる鉄道事業が育んできたDNAで、お客様の「安全」「安心」「信頼」のため、「グレーシア」のクオリティを日々向上させてまいります。

住み始めてからも安心がつづく
充実のアフターサービス

「グレーシア」ブランドでは、お客様が住み始めてからも安心が長くつづくよう、充実したアフターサービスをご用意しています。入居後10年間は自社窓口による対応で、住まいの気になる点や不具合をしっかりとサポート。さらに3回の定期アフターサービスを実施。またお引渡しから無償の点検サービスを行い、お客様が末永く安心して暮らせるよう、日々取り組んでおります。

さらに安心を高める取り組みへ。
「プレミアムサポート」を導入。

大切なお住いをお引渡しから10年間、無償サポートする「駆けつけサービス」や最長10年の住宅設備修理サービス「のびのび保証」などお客様の安心をさらに高めるサービスを強化。

詳しくはコチラへ

※掲載の街並み写真は、当社施工例(販売済み)となります。※掲載の内容は2021年8月時点の情報です。※掲載の写真(一部)はイメージです。

トップへ戻る