そのアクセスは、未来につながっている。

image

2019年11月30日、「西谷」は「特急停車」駅に生まれ変わります。新宿へ直通・横浜まで1駅のアクセスが実現!2019年11月30日、「西谷」は
「特急停車」駅に生まれ変わります。
新宿へ直通・横浜まで1駅のアクセスが実現!

都心へ、横浜へ、もっと早く、そしてスムーズに。
JR直通線の開業にともない、特急停車駅として利便性が飛躍的に向上する「西谷」駅。
さらに広がる快適なフットワークが、家族の未来を豊かに彩ります。

よりスムーズに主要駅へ。新幹線へのアクセスも向上。 よりスムーズに主要駅へ。新幹線へのアクセスも向上。

[相鉄・東急直通線開業後]

※「横浜」駅乗換え、JR湘南新宿ライン・JR山手線利用と比較して

※「横浜」駅乗換え、横浜市営地下鉄と比較して

※「横浜」駅乗換え、JR湘南新宿ライン利用と比較して

※駅名については仮称です。
※所要時間は見通しであり、今後の計画により異なる場合があります。

相鉄・JR直通線、相鉄東急直通線の最新情報や事業の概要、工事の進捗状況については下記サイトをご覧ください。

相鉄・JR直通線の新駅「羽沢横浜国大」駅も2019年〇〇月に開業予定。相鉄・JR直通線の新駅「羽沢横浜国大」駅も2019年〇〇月に開業予定。

「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」からなる都心直通プロジェクトの新駅「羽沢横浜国大」駅。JR線方面と新横浜駅(仮称)・新綱島駅 (仮称)などへ結ぶ東急線方面の路線が分岐する駅として、2019年11月30日に開業が発表されています。また、駅舎のデザインはキーマテリアルである「鉄」・「レンガ」・「ガラス」などを用いてデザイン性を向上させると共に、キーカラーである「ダークグレー」を使うことで案内サイン等の視認性向上を図っております。

「羽沢横浜国大」駅の外観(左)と内観(右)(2019年3月撮影)

※掲載の航空写真(2018年3月撮影)は一部CG加工をしており、実際とは多少異なります。

「横浜」駅5km圏。毎日の暮らしも、将来の発展性も、楽しみな好ポジション。「横浜」駅5km圏。毎日の暮らしも、
将来の発展性も、楽しみな好ポジション。

「グレーシアライフ横濱西谷」は、横浜市の中心部、ターミナル「横浜」駅からわずか5km圏内に誕生。
その同心円状には、「新横浜」駅などがあり、「横浜」駅との近さがわかります。
ターミナル駅との近さや、これからの都心直通計画などを見ても、将来的な資産価値として期待できるポジションです。

※掲載のエリア概念図は簡略化しており、実際とは異なります。また5km圏・10km圏とは「横浜」駅からの地図上の概測直線距離です。

「横浜」駅へ10分。都心ターミナル駅へもスマートに。「横浜」駅へ10分。
都心ターミナル駅へもスマートに。

ターミナル「横浜」駅へ10分の軽快なアクセスを実現する「西谷」駅。
都心直通の新しい路線や特急停車駅としての開業も間近に控え、さらにそのフットワークは大きく広がり、
さまざまな拠点へとスピーディにアクセスできます。
毎日の通勤や通学、そして休日のレジャーも快適。アクティブでスマートな暮らしをサポートします。

※相鉄・東急直通線「新横浜」の駅名は仮称です。

※上記所要時間は日中平常時のもので、時間帯により異なります。また、乗換え、待ち時間は含まれません。 ※2019年1月時点のダイヤによるものです、

高速道路のICも至近に控え、都心や旅行へ自由自在。高速道路のICも至近に控え、
都心や旅行へ自由自在。

※出典元:横浜国道事務所・首都高速道路株式会社ホームページより。
※2019年7月現在の情報です。

※一般道の時速は約40㎞/hで走行を想定。高速道路の距離所要時間はNEXCO東日本ホームページの「ドラぷら」を基に表示したものです。(2019年1月時点) ※掲載の所要時間は時間帯、交通事情により異なります。※掲載の写真はイメージになります。