実際の建物や部屋が確認できる「完成済み販売」、
魅力のポイント。

実際の外観デザインや共用施設を確認できる。

駐車場、エントランス、コミュニティルームといった部屋以外の共用施設は、未完成物件では、パースや図面などを見て参考にすることしかできません。しかし実物なら、その広さや使い勝手も確認できます。

検討している部屋から陽当たりや眺望を確認できる。

建物が未完成のうちに販売される新築マンションでは、実際の陽当たりや眺望を確認できません。完成済みマンションなら、実際の部屋を確認できるので、住み始めてからギャップを感じることもありません。

南方面を望む

生活動線や家具レイアウトがイメージしやすい。

住戸内の有効寸法、部屋の雰囲気などを自分の目で確認できるため、どんな家具が似合うか、手持ちの家具が置けるのか、といった空間の広さや生活動線を判断することができ、実際の生活をイメージしやすくなります。イメージしやすくなります。

設備機器や基本仕様を確認できる。

毎日使うキッチンや洗面室など、水回りの設備機器の使い勝手は特に気になるところです。完成済みマンションなら、その設備や機能を実際に操作してチェックすることができます。また、造り付けの収納の設置場所や大きさも確認できます。

契約から入居までの期間が短く金利変動の影響を受けにくい。

未完成マンションの場合、契約から入居までにかなりの期間を要します。物件が引き渡される1年後2年後に、金利が上がっているのか下がっているのかハッキリとは分かりません。完成済みマンションなら、住宅ローンも契約(入居)時の金利が適用されるため、支払計画も立てやすくなります。

image

契約から入居までの期間が短く家賃負担も抑えられる。

未完成マンションの場合、建設期間があるため、契約から入居までが長期間となる場合があります。完成済みマンションなら、実際に部屋を見学し、気に入った住戸が見つかれば、スムーズに入居できるため、建設期間中の家賃の支払いが抑えられます。

image

※掲載の風徐室写真は2017年8月に、眺望写真は2017年2月に撮影したものです。※掲載の室内写真はAタイプ/モデルルームを撮影したものです(2017年8月撮影)。家具・調度品等は販売価格には含まれておりません。また、色や形状は住戸によって異なります。※一部オプションが含まれています。

  • NEW