グレーシアみなまきみらい

堅固な地盤に支えられた安心の立地に、建物を安全に構築する杭基礎工法。

柱梁の出ない耐震壁付ラーメン構造

接合する部分がしっかり固定された「剛」接合になっている構造で、地震に強いラーメン構造を採用。柱と梁と壁で建物を支える構造になっているので、住戸内に柱型がでないので、柱に影響されることなく家具のレイアウトが自由に行えます。デッドスペースもなく、室内空間を無駄なく有効に使えます。

  • コンクリートスラブと天井材との間にスペースを確保し、そこに配管配線等を通すことで、将来のリフォームやメンテナンスにも配慮した構造です。

  • 建物を支える床と主要な壁〈戸境壁・妻壁〉には、鉄筋を二重に組んだダブル配筋を採用。シングル配筋よりも高い強度と耐久性を実現しています。

  • コンクリート柱内の帯筋に溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。従来の帯筋に比べ、強度が均一になり耐力の低下を防ぎます。

  • 約230mm(一部約200mm)のコンクリートスラブを採用。小梁の少ないすっきりとした室内空間を実現しました。

  • 外壁や住戸間を仕切る戸境壁は約150~450mmのコンクリート厚を確保した2重壁で、遮音性に配慮しました。

  • 「グレーシアみなまきみらい」では、住まいの基本となる構造躯体にこだわり、柱(鉄筋コンクリート部)には、最大で設計基準強度36N/mm²のコンクリートを採用しています。

  • 鉄筋が錆びると膨張してコンクリートを破損し、耐久年数が著しく低下します。これを適正なかぶり厚さを確保することによって抑制しています。

※上記数値はコンクリートの圧縮強度であり、床に載せられる重さではありません。

音環境について

上下間や隣戸間のプライバシーに配慮した遮音性能。

  • トイレ・洗面室が居室に面する場合、両側のせっこうボードを二重貼りとしています。
    ※一部異なる場合がございます。

  • 吸音材と遮音シートを装置した遮音型耐火二層管を採用しました。
    ※エアコン用ドレン管を除く。

  • 「グレーシアみなまきみらい」の床・壁・窓について(住戸専有部内の居室)

    ※1) 床がたわむことがありますが、構造上の問題はありません。また、床材は標準仕様に基づく仕上げとなります。
    ※2) 窓の遮音等級は、内装材等のメーカー表示の性能を示しており、実際の室内値として保証するものではありません。

※表示内容は2017年11月時点のものです。※掲載の概念図はイメージであり実際とは異なります。

24時間365日、暮らしを見守る高度なセキュリティシステム。

エントランスには部外者の侵入を防ぐオートロックを採用。オートロックの解錠は、ポケットやバッグに入れたままでも解錠できるラクセスキーを採用しました。

  • 24時間365日体制の管理のもと緊急事態にすばやく対応する高度なシステムです。

  • 1階エレベーターホールのモニターにカメラの映像を映し出すことで、乗っている人を確認できます。

  • キーをカバン等に入れておけば、重い荷物などで手がふさがっていてもオートロックを解錠できるラクセスキーを採用しました。

  • 防犯性と操作性に優れたディンプルキー。複製が難しく、高いセキュリティ機能を発揮します。

  • ドアスコープは、大人だけではなくお子さまでも来訪者を確認できるよう、2つの高さに設置しました。

  • ドセンサーのセット時に不審者の侵入を感知すると、警備会社へ自動通報します。
    ※全住戸の玄関扉および接地階住戸部に設置(面格子設置窓、FIX窓を除く)。

  • バール等によるこじ開け対策として、鍵を閉めると鎌状のデッドボルトがかかり、ドアを頑強に固定する鎌付デッドボルト錠を採用しました。

  • 外部からサムターンを回す不正な解錠を防ぐため、上下のツマミを押さないと回せない防犯サムターンを採用しました。

災害への備え

万が一の災害を考慮した安心対策。

  • 防災備品倉庫

    万が一の場合のために、各家庭では備えておくことが難しい防災備品をご用意しました。

  • かまどベンチ

    災害発生時に炊き出し用のかまどとして使えるベンチを設置しています。

  • 対震ドア枠

    地震時にドア枠のゆがみによって開け閉めに支障がでにくい、対震ドア枠を採用しました。

  • Siセンサー

    煮こぼれなど、何らかの原因で火が消えても自動立ち消え安全装置が作動してガスを止めます。

  • 自動着床装置付エレベーター

    地震や停電時に自動的に最寄りの階で緊急停止。エレベーター外部へ避難できます。

ご入居後もマンションの品質を保ち続ける「グレーシア プレミアムサポート」。

ご入居後原則2年間は住まいの気になる点や不具合に対して、アフターサービス規準に基づき3~6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月の定期アフターサービスを、各住戸に実施しています。またそれに加え、共用部については、1年・2年・5年・10年の定期アフターサービスを実施します。(基礎・耐力壁・屋根など構造耐力上主要な部分等には10年間アフターサービス期間を設定しております。)

※アフターサービス期間=相鉄不動産アフターサービス規準に基づく保証期間。
※対象機種がリースの場合及び標準仕様にない機種は除く。
※当該マンションを最初に引渡した日を起算日として6年(10年)を保証期間とします。

グレーシアのクオリティ

相鉄グループならではの総合力で、開発からご入居後までお客様をサポート。

お客さまに満足いただける快適な空間をご提供するため、クオリティにこだわり続けています。豊富な実績を背景に永住品質のマンションを各地で供給し、開発からアフターサービスまで、「安全」「安心」「信頼」を基本コンセプトに、常にお客さまの立場にたったマンションづくりを行なっていきます。

「マンション管理」や「アフターサービス」で得た入居者の生の声を、「品質管理・施工」「標準設備・仕様」に情報をフィードバック・共有することによって、更なる品質改善やサービスの向上、新提案などを実現しています。

住宅性能評価

「グレーシアみなまきみらい」は、住宅性能評価を取得。

住宅性能表示制度の評価項目では、住宅の外見や簡単な間取図からでは判断しにくい性能を各分野数十項目にわたって評価します。

  • 「設計住宅性能評価書」とは、設計図書の段階で図面等から評価し、まとめたものです。

  • 「建設住宅性能評価書」とは、工事施工中の数回の検査と、竣工時の検査で評価し、まとめたものです。

※表示内容は2017年11月時点のものです。※掲載の概念図はイメージであり実際とは異なります。
※特記のないモデルルーム写真は、A-SAタイプ(モデルルームプラン)を撮影したものです(2017年10月撮影)。家具・調度品等は販売価格には含まれておりません。また、色や形状は住戸によって異なります。詳しくは係員にお尋ねください。