住宅地・一戸建て開発実績

相鉄不動産の住宅地及び一戸建て開発の実績をご紹介いたします。

希望ケ丘住宅地、釜台住宅地

画像1

政府は昭和29年5月、組織的な住宅の大量建設には民間の協力が必要であるとして住宅金融公庫法の一部を改正、土地に対する融資制度の創設と民間会社も事業主体として認められることになり、相鉄も昭和24年に希望が丘住宅地130区画を分譲。昭和30年から住宅金融公庫の事業主体となり、同年第1回分100戸の割り当てを受け、希望ヶ丘68戸、釜台32戸の公庫住宅を公募、分譲いたしました。

所在地 《希望ケ丘住宅地》横浜市旭区、《釜台住宅地》横浜市保土ヶ谷区
開発面積(m2) 《希望ケ丘住宅地》842,000 m2、《釜台住宅地》15,000 m2
戸数(戸) 《希望ケ丘住宅地》2,200、《釜台住宅地》64
開発年 《希望ケ丘住宅地》1949年-1961年、《釜台住宅地》1955年-1956年
事業者 相模鉄道株式会社
  • ホーム
  • GRACIA
  • GRACIA LIFE
  • KNOCKS
  • 物件情報
  • 不動産活用
  • 企業情報
  • 開発実績
  • お問い合わせ